上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

愛犬ベストショットの撮り方Louisまとめ2


  
室内でもフライングドッグを撮るぞ!



愛犬ベストショットの撮り方、第2回目。


問題はとにかく「ブレ」。

光量が十分でない室内環境における被写体ブレを攻略します。



【★シャッター半押しでAFをセットしておく】



動いてる愛犬に向かっていきなりシャッターをおすと
オートフォーカス(AF)の調整が間に合わずブレます。


なので、


愛犬が止まっているときに同じ条件で(距離、明るさ)でシャッター半押し。

これで事前にAFセット完了、半押しのままタイミングを狙ってパチリ!!


(トイプー珊瑚くんに協力いただきました)

あらかじめシャッター半押ししてAFを合わせておく



ダークカラーで撮影が難しい珊瑚くんでも、おめめのピントが合いました☆



【★連写モードを使う】


連写機能があるカメラとないものがあるかもしれませんが、

ある場合はぜひ使ってみましょう。

1枚でもアタリがあればラッキー☆




















でも、Louisの"PHOTO GALLERY"に毎日UPしているわんちゃん達の撮影には
あえて連写モードは使わないようにしています。


なぜなら、


撮影枚数が1日でと~んでもない量になってしまうので。。。(^ ^;)



次回は、愛犬をよりキュートに撮るためのコツをご紹介☆