上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

話せばわかる、ときもある。



前に要求吠えに対しては「無視」だと言いました。
(厳密には、無視と対応のタイミングを間違えないこと)


でも


無視せずとも人の言うことが犬に伝わることもあります。



特に、人と離れるのが嫌で落ち着かないときに声かけすると


すぐにあきらめてくれたケースを今まで幾度となくみてきました。

(ホテルでお預かりしているわんちゃんでもそうです。)



でも肝心なのは、


騒いでいる最中は話しかけても伝わりにくいので、


愛犬をなだめて静まってから優しく落ち着いた声で


「しばらくお留守番だけど大丈夫よ、ゆっくりお休みしてるといいからね。」


自分が落ち着いた状態で優しく話しかけると、聞き分け良い子供のようにあっさり受け入れます。



話したら魔法のようにおりこうになります! ということではなくて、


タイミングをみて優しく話しかけるのも効果があるものですよ、ということ。



何かうまくいかないコミュニケーションがあるときはいつもと発想を変えてみてくださいね。


もう一度言っておくと最大のポイントは、話しかける自分の気持ちが落ち着いていること、です。



photo by Trentroche