上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

愛犬の様子がおかしいときにどうするか



先日お客さまから、「愛犬の様子が大変なんです!!」と連絡が入りました。


問題の状況は、


いつもはサークルの中で静かにお留守番している大型犬のわんちゃん、


ところが留守の間にサークルから脱走し、玄関ドアを自分で開け、家を飛び出しました!


更にエレベーターに乗りどんどん移動しようとしているところをアイさんが無事に捕獲。



びっくりですね、これは一体どういうことでしょうか?



きっかけは数日前のワクチン接種した日に遡ります


ワクチン接種日の夜、愛犬の様子がどうもおかしい。。。


心配になった飼い主さんは、普段はリビングのサークルで寝かせているのですが


それから自分達の部屋で寝かせていました。


その後日中おかしな様子はなくなり元気そうなので


いつもの留守番と同じようにサークルの中に入れて出かけたら、、、


家から脱走した、ということです。



ワクチン接種後に発生する可能性のある副反応について、


アレルギー反応であるアナフィラキシーショックやじんましんはよく知られていますが、


病院での処置が必要になります。


また、病院へ行く必要まではないものの体調がイマイチになることも少なくありません。


人のワクチン接種前後も大事をとらなければならないですよね。


体調がイマイチの場合、普段はみられない行動が出ることもありますが、


安静にしていれば回復していきます。



このわんちゃんの場合、様子がおかしくなったきっかけはワクチン接種に関わるものと考えて


間違いないと思いますが、それだけが原因で家を飛び出ることはありません。



ではどうしてこのような状況になったのでしょう?



愛犬の体調がイマイチなとき、彼らに与えるべきことは何でしょうか?


飼い主さんはそれではなく、心配・不安を与えたため犬の自制心のバランスが崩れ、


急性の分離不安に陥っていったと考えられます。


人の行動は心理状態に基づき変化します。不安なときはそれなりの行動をとるのですが


それが悪影響になります。



<私からのアドバイス>


再びサークルの中で落ち着いていられる時間つくり、自制心を取り戻しましょう

いきなり長時間外出せず、短時間で戻る練習を事前に行いましょう

↓   ↓   ↓

それからそのわんちゃんはすぐに5時間半のお留守番もできるようになりました。



愛犬の体調がイマイチだと心配になりますよね、


それでネットで症状を検索すると、”可能性のある病気”の情報が出てきます。


それを見てまた更に不安がふくらんでいくのです。


自分の体調がイマイチのとき、そばにいる人から不安をいっぱい受け取りたいでしょうか?


それを考えると、愛犬に適切な対応ができると思います。