上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

犬は気圧や月の引力の影響を受ける?



何かいつもと愛犬の様子が違う、、、


普段はやらないおかしな動き

活動力が低かったり、逆に来客でもないのにやたらとテンションが高い

吐き戻しや、うんち、オシッコの回数、量や状態の変化



獣医さんの中には観察日記をつけることをすすめる人もいます。


犬に関する変化 ⇒ 何を食べた、排便の状態、どこに行った


飼い主に関する変化 ⇒ 行動、心境


それ以外にも天気、気温、湿度、気圧や月の状態は脳神経系への影響を受けやすいので

一緒に記録しておくとよいとか。



私は表に書き落とすという作業は得意ではない(3日坊主)ので、

全ての項目を毎日書くことはしませんが、必要な事に絞ってメモに残します。

これの何が良いかというと、傾向を把握する事ができるんですね。

やっぱり時間が経つと忘れますから。。



傾向をつかんでおくと、もし体調イマイチになったときにも

あわてず1歩引いて分析、冷静に行動をとれるようになります。



それにしても、気圧や月の影響など果たしてあるのでしょうか、、?


私は有ると思います。


ホテルでお泊り中のわんちゃんを観察していると、いつも落ち着いていたのに

満月が近づくにつれ落ち着きがなくなる様子がみられることがあります。



違う例では、


以前サヨウナラした男性から必ず満月の日にだけ、連絡が入るということがあり

これは生き物が月の影響を受けるという有力なデータとさせていただきました(笑



さておき、何かしらの持病がある犬は出来る範囲で観察日記つけておきましょう、

予防策がとれるようになりますからね。