上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

抱っこしたいときに逃げられないようにする



愛犬がかまってもらいたいときは自分から寄ってくるけれど、



あなたが抱っこしたいときには呼んでも来てくれない。



なかなかつかまらない。



特に、お手入れしたいときとか、ハウスに入れたいときとか



よくあるみたいですね。



また、呼び戻しのコマンドを身につけていても、嫌な予感がしたときには来ない、、、


ということもありますね。



あなたの都合で抱っこしたいとき、というのは



犬は「そんな気分ではない」状態ですから、



抱っこの直後に”犬にとって良いこと”がなければ、その前の行動は消極的になります



その前の行動、というのは?



『抱っこされること。』



だから犬は寄って来ない、逃げるということになります。



ということは、



抱っこの直後にまず”犬にとって良いこと”を与えると、その前の行動は積極的になるわけです



「抱っこ」と「自分のしたいこと」の間に”犬にとって良いこと”を入れ込むわけですね。



抱っこした直後にできる”愛犬にとって良いこと”は何か、考えて入れ込んでみてくださいね。





ブラシや歯ブラシなどを物を見て逃げる場合、



道具(嫌) ⇒ 追いかけられて無理矢理抱っこ(嫌)



これではいつまでたっても嫌ですよね。。。



道具を取る前に先に抱っこ ⇒ 良い事 ⇒ 道具を取ってお手入れスタート



または、道具をポケットに入れておくとスムーズにできるようになります☆






《関連記事》

言う事聞かないときにおやつを使ってよいのか?前編

言う事聞かないときにおやつを使ってよいのか?後編