上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

犬の気持ち診断(吠える1)



国慶節前に「次回書きますねー」と言っていたお話があったんですが、、、


ネタがぶっ飛んでしまったので、


話を変えます!(すみません。)



さて、


愛犬の気持ちがよくわからないけど、知りたいっ!


というのは飼い主さんの気持ちそのものですよね。



「犬のある行動」から「どんな気持ち?」なのかを知り、


上手なコミュニケーションのとり方を解説する


【犬の気持ち診断】シリーズをやってみたいと思います〜


あなたの愛犬に当てはまるものが出てくるかもしれません!



<犬のAちゃんのある行動>


行動:【Aちゃんは、ドッグラン中に他の犬に「ワンワン!」吠えています】


<観察>

・相手犬が言い返さないと、立て続けに吠えます


・相手犬が言い返してくると、よりヒートアップ。対抗します


・人や他の犬が皆Aちゃんを構わなくても、Aちゃんは吠え続けます

・吠えながら人や周りの様子をチラチラ気にしています

・ドッグランから人が離れると吠えるのを止めます

・Aちゃんを呼ぶと喜んで飛んできて甘えます



<どんな気持ち?>


感情の種類を表す38タイプのフラワーエッセンスの指標に合わせて

犬の気持ちをみていきましょう



↓ ↓Aちゃんに考えられるタイプを2つピックアップ↓ ↓


《ヘザー》


ヘザー・・・とにかく周りの注目を引きたい気持ち


友好的であれ嫌悪的であれ、とにかく相手からのリアクションが欲しい

リアクションがないと、チラチラ気にしたりもっと目立ちたくて吠え続けます

Aちゃんを呼ぶと待ってました!とばかりにすっ飛んでくるわけです。


《バーベイン》


バーベイン・・・周りと関わりたい、じっとしていられない気持ち


この吠えの場合、おおげさにおしゃべり(上海人みたい?)している状態なんですけど、

周りに自分の気持ちをアピールしたいんです。



<上手なコミュニケーションのとりかた>


もし吠え続けることをやめてほしい場合には、吠え行動が減るように、かつ、

Aちゃんのとにかくかまってもらいたい気持ちを満たしてあげましょう。


リアクションするときとNOリアクションのとき、上手に使い分けましょう


・NOリアクション

叱るのも、呼ぶのもリアクションをとっていることになります。

だから、吠えているときにリアクションをとると、その行動が増えます。

ということで、リアクションを取らない。

その場から去るのもよいですね。


・リアクション

好ましい行動のときにリアクションをとって、これでもかってくらい

一緒に遊びましょう〜♪



メリハリをつけることが犬とのコミュニケーション力UPのポイント☆