上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

犬の気持ち診断(犬と挨拶しない)



今回の【犬の気持ち診断】は、

散歩とき他の犬を見たら”避ける”、”あいさつしようとしない”といった

「他の犬が嫌いなの?」という行動から気持ちをみていきます





<観察>

・他の犬を見つけると目線をそらす、避ける

・他の犬が近づくと緊張(硬直)する

・他の犬が近づくと威嚇する

・他の犬に自分のにおいを嗅がせない



<どんな気持ち?>

感情の種類を表す38タイプのフラワーエッセンスの指標に合わせて

犬の気持ちをみていきましょう


↓ ↓Bちゃんに考えられるタイプを2つピックアップ↓ ↓


《ミムラス》


ミムラス・・・他の犬が怖い、臆病


もともとシャイな気質であったり、パピーの社会性が急速に養われる時期や

普段の生活の中で他の犬とのコミュニケーション機会、経験が少ないと

他の犬に対して恐怖心を感じる確立が高くなります。


対犬関係だけでなく、人・物・音など怖く苦手な物がある家庭犬は少なくありません、

ミムラスは犬に対して大変使用頻度の高いフラワーエッセンスです。

恐怖心が減ると好奇心が出ます。



《ウォーターバイオレット》


ウォーターバイオレット・・・相手からかまわれることへの嫌悪感、距離をとりたい


犬は社会接触欲求を持っていますので、100%全く関わりたくないということはありませんが、

直接的なコミュニケーションを好まない場合は間接的に地面などのニオイを嗅ぐ事で社会情報を取り入れ

欲求を満たします。

相手と距離を取りたい気持ちが減ると相手への興味や受容性が出ます。



<コミュニケーションのとりかた>


怖い気持ちのときにリードで無理強いすると大きいストレスがかかります。

犬自身が気持ちをリカバリーできるよう、人に注目を戻せるコマンド(アイコンタクトなど)を出して

犬の注意力を引き、自信がつくようにサポートしましょう

怖がっているからといって、抱っこしてなだめるなど犬の気持ちと同調すると

余計に怖がりになる可能性があります。