上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

同調性を使ったコミュニケーション

 

犬の動きを止めたい、やめさせたいとき

例えば、

 

 

興奮して落ち着かない

身体のお手入れを嫌がる

散歩中引っ張って歩く

ワンワン吠えまくる

じゃれて咬みつく

 

 

いろんなシチュエーションがありますが

犬の動きを止めたい、やめさせたいときに必要なことは

 

 

犬に「静」を与えることです。

 

 

「静」を与えるとは、人が自らの動きを止める(最小限にする)ということ。

「静」を与えれば相手も「静か」になります。

 

 

でも、 

 

 

「ダメー!こら!」「もー、やめてー」(←余計な発言)

あたふた(←動いてる)

ぐいーっとリードを引っ張る

 

 

このように身体や口が動いてしまいがち。何とかしたくなるんですよね。

犬は同調するので人が動けば動くほどひどくなります。

 

 

 

 

興奮を沈めたいときは

何も言わず放っておくとそのうち静かになります

 


お手入れ嫌がっているときは

犬を支えている手の動きを止めるとそのうち力が抜けます

 


動揺して落ち着かないときは

クレートに入れて放っておくとそのうちリカバリーします

(クレート慣れしておく必要があります)

 


リードを引っ張るときはビタっと止まっていると

そのうち進むことを止めます

 

 

 

 

逆に、犬を動かしたいとき

 

家の中で遊ばない

寝てばかりいる

ちょっとそこをどいてもらいたい

嫌がって動かない

 

こんなときは犬を動かそうとせず

自分が動く、「動」を与えてみるとよいわけです。

 

 

 


「動」には「静」

 

「静」には「動」

 

同調性の原則なので頭に入れておくとよいでしょう。

 

 

 

 

私がにんまりすれば犬も(*´∀`*?

f:id:camaco:20160301200227j:plain