上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

愛犬愛猫が大好きで心配な方へ、一緒にもっと幸せになる秘訣

 

 

ずいぶんと前のことですが

それまで恋愛本というものを読んだことがなかったのに

本屋でふっと気になる恋愛本があったので立ち読みしたんですね。

 

 

 

恋愛本なのでもちろん男と女のことについて書いてあったのですが

 

「これは・・・飼い主とペットの関係に全く同じことが当てはまる!!」

 

と気付いたんです。

 

 


なぜ当てはまるのかというと

ペットの問題というのは自分(飼い主)が主体になっているから。

 

 


よく意味がわからないですよね、でもとりあえず読み進めてみてください。

 

 

 

「甘えん坊でしょうがないのよー」

「言う事きかないけどかわいいの」

「このコは私がいないとダメだから」

「このコがかわいそうだから」

「私がしっかりケアしてあげないと」

 

 

 

もしあなたがこのような気持ちを持っている場合、たいていは

 

 

 

 

 

「だめんず」です。

 

 


そう。ダメ男を育てるダメンズ。

相手が男ではないので、

 

 


「犬だめんず」「猫だめんず」とでも言っておきましょう。

 

 

 

「いや、私は旦那に対してそういうのはないですよ」って場合もそうです

男性に対して「だめんず」ではないけど「犬猫だめんず」の女性は、実は多いんです。

 

 

 

そもそも女性は人の心配をするのが得意

 

 


「母性」としてもともと備わっていますし、心配することが愛情だと感じます。

 

「気にかけてあげたい♡」

 

 


これは女性同士の関係において非常に効果を発揮します

 

「あの人は私のこと気にかけてくれてる(^^)」と安心する

 

が、しかし!


男女関係とペットとの関係については度が過ぎると悪影響になるんですね

 

 


男性は女性から心配されても基本的には愛は深まりません


ペットの場合となると

飼い主から心配されると「同調」して様子がおかしくなってきます。

 

 

 

そう、犬猫は同調するんですよね

心配される理由もわからなければ価値観もありません

「今」の飼い主の心境を真に受けるのです。

 

 

 

体調を崩しやすい体質になったり

興奮しやすく、落ち着きにくくなったり

気分にムラが出てきたり

吠え、鳴きグセが酷くなったり

太り過ぎになったり、痩せすぎになったり

いたずらが増えたり

 

などなど望まない状況が出てきます。

 

 

 

もう一度言っておくと、女性は「心配」が得意ですが
犬猫はそれを「安心」や「愛情」とは受け取れません。

 

 

 

そしてこれはとても大事なこと、

 

犬だめんず猫だめんずの人は、愛犬愛猫のことが大好きでたまらないのですが

根本的に相手のことを「弱いコ」「ダメなコ」「できないコ」だと思っています。

 


だから「私が守ってあげなくちゃ、みてあげなくちゃ」という心理が働くんです。

逆に言うと、私が守りたいから相手を弱い存在と捉えてしまう。

 

 

 

ペットは自立できない。

自分じゃご飯も買えないし何もできないから

一生飼い主がみてあげないといけないのは当たり前じゃないですか!?

 

 

 

わかります、言いたいことはわかります。

そういった「生活面」での自立は無理です。野良にでもならない限り。

 

 


そこじゃなくて、犬猫は「心身面」において

 

精神は自分で立ち直る(リカバリー)力を持っています

身体は自分で治す(自己治癒)力を持っています

 

 


だから必要なのはこのコがかわいそうという「心配」

 

じゃなくて

 

このコは大丈夫という「信頼」

 

 

 

だから、犬猫だめんずのペットに問題がある場合

(信頼して)放っておいていい。ということがほとんど。


男性も同じで、女性からの信頼は心の栄養になります。

 

 


必要なのは飼い主の「サポート力」

 

 


守ってあげなきゃ。

 

ではなくて

 

見守ろう。という「必要なときにはサポートする力」

 

 

 

愛犬愛猫は

守ってあげようとすると弱いコになり

見守ってあげようとすると立派になっていきます

 

 

 

「心配」ってなぁに〜?

 f:id:camaco:20160307222319j:plain