上海で微笑みがあふれる毎日

犬猫と幸せを100%共感しよう☆ Louis -Link to Pet-主宰ペットケアインストラクターのブログ

日本人は褒めるのが苦手?

 

 

褒めであれ叱りであれ

人のリアクション(反応)は犬猫にとって「心の餌」になるという話

camaco.hatenablog.com

 

 

 

人は「不快さ」を感じる愛犬愛猫の行動に対して

何か言ったり動いたり反応しやすい

 

 


でも、その反応が彼らにとって心の餌となるので

やめてほしいその行動は繰り返されていくということ

的確なリアクションをとることで行動を改善できますがそれはまた別のお話で)

 

 

 

だから、

やめてほしい行動はあえてスルーして

好ましい行動に対してリアクションをとると

  

その好ましい行動を増やすことができ

続けていくことで行動が身についていきます 

 

 

 

 ただ、日本人はけっこう

 

 

 

 

 

リアクションが薄い。

 

 

 

私が昔アメリカのペットサロンでトリマーをしていたとき

お客さまはもちろんほとんどがアメリカ人なのですが

彼らはシャンプーが終わった我がコと顔を合わせるやいなや

 

 

 

 

 

「オー マイ ガッ (゚∀゚)!

ユー アー ソー ゴージャス!☆」

 

 

 

なんとも表現力豊かなこと(笑

 

 

  

それに比べると日本人は、

 

「あら〜❤ ニコっ(^^)」

 

 

 

とりあえずこの状況は今回の主旨からそれてますが

日本人もこのくらいオーバーなリアクションでいいかも?ということです

 (薄いリアクションが好ましい場合もありますがいっぺんには書ききれないので割愛)

 

 


愛犬愛猫に対する表現力

伝わらなければ意味がありませんからね

 

 

 

そういう意味で個人的には

「褒める」という言葉よりも「喜ぶ」をイメージしています

 

 

 

犬猫が好ましい行動をした【最中・直後】に「喜ぶ」ルンルン♪

好ましい行動をしているのですからもちろんママさんは嬉しいですよね

 

 


「オッケー♪♪」でも「グッボーイ♪、グッガール♪」でも何でもいいですし

声のトーンはいつも同じにしておくとベター

 

 


ママが嬉しいと彼らも嬉しい♪

 

 

 

ただし、タイミングは絶対にはずさないこと

 

 

 

数秒過ぎるだけでその好ましい行動とのつながりがなくなるので

 何かわからないけど嬉しいだけ〜になってしまいます

 

 

 

わたし褒めること得意です!って人は

メリハリをつけてみましょう。

 

 

 

 

私が喜んでもうちのコはなんか嬉しそうじゃない

喜ぶよりおやつの方が嬉しそう

 

 

 

というママさんもけっこう居るのですが 

コミュニケーションがかみ合っていないだけなので

ズレがハマると喜んでくれるようになっていきます

 

 

 

犬猫にうまく伝わるリアクションのコツを意識して

伝わりやすいコミュニーケーションをしましょうね

 

 

f:id:camaco:20170121172711j:plain 

  

www.louis-pet.com